gallery cleaning

カテゴリー:

エアコンクリーニング 福山

事例

家庭用壁掛けエアコンの分解洗浄

今までのエアコン洗浄のイメージは夏のクーラ-使用前後にというイメージですが、近ごろでは

ご依頼は季節に関わらずご依頼があります

エアコンを暖房にもする事が増えた事もあると思われますし、お客様が夏場は『お忙しいでしょ?』と

気を使って頂いてる部分もありますね

エアコンを洗浄している立場からすると、冬場の暖房の方が温度を上げるのに湿度が必要になり

湿度が上がる事で吹き出し口付近に結露により水滴が付き、カビの発生原因になる可能性が高くなるので

暖房として使用するならば、暖房使用前後の方がいいかもしれません

また家庭で洗浄する洗浄スプレーがありますが、下の写真のエアコン本体フィン部を洗浄する物です

【通常はフィルターを取り外したら見えます】

確かにこのフィン部のホコリの詰りやカビ発生も故障や臭いの原因ではありますので、洗浄は大切なのですが、

吹出口奥の洗浄はどうされていますか?

写真の様に吹出口に黒いカビが付着していませんか?

奥で回転しているシロッコがホコリだらけになっていませんか?

【施工前の吹出口カビの付着状態】

『吹出口の汚れをタオルで拭き取ったりしてます』という事を聞きますが、奥で回転している

シロッコの羽の奥は拭く事も困難なので、気休めの様になってしまっている洗浄スプレーや

吹出口の掃除では完全な汚れやカビ除去は出来ていませんので、是非業者による完全な洗剤による

洗浄、洗浄後の水洗いで完全な洗浄をして頂ければと思います

【洗浄後の吹出口】

 

LINEで問い合わせ
LINEで問い合わせ